キャッシング業者選びは月々の返済額でも比較をしましょう

キャッシングはどこの業者でもほとんど同じと考えていませんか?金利こそ確かに大きな差は無いものの、実は月々の最低返済額が業者によってかなりバラツキがあります。しっかり比較してあなたのご都合に合った業者を選びましょう。

http://cashinglabo.info/guide/

例えばSMBCモビットの場合、10万円以下の借り入れの場合は月々4,000円の最低返済額となっており、50万円の借入額の場合は月々1万3,000円です。一方でアコムの場合、35日毎の返済で10万円以下の借り入れという場合には月々3,000円の最低返済額で少し楽な感じになりますが、50万円の借入額の場合には月々1万5,000円とモビットよりもやや返済額がアップすることとなります。

このようにご自身がいくら借りる予定なのかを考えた上で、返済額に無理が無いキャッシング業者を比較しながら選ぶことをオススメします。

キャッシングするために受ける審査について。

キャッシングをするには、少なからず保証が必要です。

無担保な変わりに、必ず支払いできる保証が必要となります。

一般的に、確実に支払える保証=信用です。

プロミスでお金を借りる※土日祝でもプロミスなら駅周辺で即日融資も可能です!

キャッシングの前に審査を受けるわけですが、その審査に通るために必要不可欠なことをいつくかあげて行きます。

まず、仕事をしていることが絶対条件となります。

消費者金融のようなところは特に、仕事をしていないとまずは無理です。

そして、安定した収入があることも条件です。

キャッシングしても返済していける見込み収入みたいなものがないと、キャッシングすることは難しと言えます。

逆に言えば、バイトであっても収入がかなりあった場合、審査が通る可能性があると言うことになります。

勤続年数なども聞かれますが、それは調べようもないですし多額でなければ源泉徴収などの収入に関する証明は必要ないので、楽にできるかと思います。

どうしても不安な場合は、審査が甘めなキャッシング会社もあるので、調べて審査を受けてみてください。

増額する際は3つのポイントを押さえておきましょう

キャッシングで増額を申し込むことは可能です。プロミス

しかし、新規の申し込みと同様に年収や勤め先、借り入れをしている状況など場合によっては収入証明の書類が必要になることもあります。

増額の申し込みは、店頭窓口、無人の契約機、自宅からでしたらWEBや電話でも申し込むことができます。増額を申し込むということは限度額を超えるということになります。

ひとつめは、契約している返済に遅延がないということです。

また、収入の三分の一を超える借り入れは規制によりできなくなりました。利用を開始して6か月が経っていて収入が増えている場合は、増額でキャッシングできる可能性も高くなります。予め、3つのポイントを押さえておく必要があります。