髪の毛にコシがなくなる理由と改善策

中年になると、髪の毛にコシがなくなってきます。コシがなくなるのは、髪の毛の成長期が短くなり、髪の毛がしっかり太くなるまで成長していないためです。髪の毛は、通常ならば4〜6年のサイクルで生え変わります。

ニューモは効果あり?タマゴサミン配合育毛剤を本音で口コミレビュー!

しかし、ヘアサイクルが乱れると、髪の毛は太く成長する前に抜け落ちてしまいます。
ヘアサイクルが乱れるのは、頭皮環境が整っていないためです。女性の場合は、女性ホルモンも関係しています。女性ホルモンのエストロゲンは、髪の毛を育てる働きをします。エストロゲンの分泌量が減少すると、ヘアサイクルが乱れて、髪の毛が十分に太くならないうちに抜け落ちてしまうのです。

髪の毛にコシを取り戻すには、頭皮環境を整えることが大切です。頭皮環境を整える一番の方法は、血行を良くすることです。血行が促進されると、取り入れた栄養が髪の毛にきちんと届けられます。

取り入れたい栄養で特に大切なのがタンパク質です。髪の毛はケラチンというタンパク質から作られています。朝食にタンパク質を取り入れるようにしましょう。
身体は睡眠中に冷やされているので、朝食を取ると身体が温まります。身体を温めることは、頭皮に良い影響を与えます。しっかり朝食をとり、朝食でタンパク質を摂取するようにすることが、髪の毛にコシを取り戻すために必要です。