筋トレに効果的な無酸素運動って?

筋トレに有効なのは無酸素運動。
でも、無酸素運動ってなんでしょう?
有酸素運動はダイエットに良いと話題になるし、よく聞きますよね。
では、その反対の無酸素運動って…?
まさか呼吸を止めてする運動だと思ったりしていませんか?
私はそう思っていました(笑)
でもそれは違います。

鍛神(きたしん)の悪い口コミや悪評を徹底検証!効果なしで効かないの?

無酸素運動とは、カラダを動かすときのエネルギーを生み出すことに、酸素を必要としない運動のことです。
筋肉中にあるグリコーゲンを使います。

反対に有酸素運動は、脂肪を燃焼させてエネルギーを生みだします。
学校でやった理科の実験を思い出してください。
ものが燃焼するには酸素が必要です。
脂肪を燃やすために酸素を使うので、有酸素運動と言われているのですね。

そして、無酸素運動は短時間に強い力を筋肉にかける運動です。
筋肉を強く大きくすることに適しています。
逆に、有酸素運動は長時間にわたって弱い力を筋肉にかける運動です。
脂肪を燃焼させるのでダイエットに効果的とよく言われています。
また、持久力をつけることができます。

重たいバーベルを瞬発的に持ち上げる重量挙げの選手と、長時間走り続けるマラソン選手を思い浮かべてみてください。
無酸素運動の重量挙げの選手のほうが、筋肉が肥大しているのがわかると思います。
このように、筋力アップを目指すなら無酸素運動が適しているのです。

ですので、筋トレを長時間してしまうのは、意外とあまり効果がありません。
長時間の運動は、有酸素運動になってしまうからです。