フラミンゴの鮮やかなピンク色は、見た目だけではない。

食事は体にとって、必要な栄養を補給すると共に空腹を満たしてくれる、とても大切なものだと思います。
食事を抜いてしまうと、血糖値が低下します。血糖値は体を動かす重要なエネルギーが足りなくなると、全ての臓器が悪影響を及ぼします。

本音口コミ!ビューティークレンジングバームの効果や使い方を徹底レビュー!

また、食べ物によっては食べ続ける事で体に変化がある場合もあります。例としてはミカンです。ミカンは食べ過ぎると、爪が黄色くなる事があります。そのようにして、自然環境の中で体の色が変化した鳥がいます。
それはフラミンゴです。フラミンゴは水辺に生息している甲殻類を主食としています。

主食の藻類やエビなどに含まれているカンタキサンチンやβカロテンの色素をとることでピンク色になるのです。動物園のフラミンゴは体の色を維持するために、βカロテンを添加した餌を食べます。見た目を楽しめるだけではなく、鮮やかなピンク色をしていないフラミンゴは、?殖期にペアを組みずらいと言われています。

もしも、フラミンゴの住んでいる環境が全く違っていて、食べるエサによっては体の色が青色や黄色、緑色といったカラフルなフラミンゴだったかもしれないと考えるだけでも楽しい気持ちになりますね。楽しい気持ちになるのは見てる人間側の勝手な考えで、当のフラミンゴは大迷惑かもしれませんね。