歩く時に腹筋に力をいれてダイエット

ダイエットを手軽にする方法について教えます。
それは歩く時に腹筋に力を入れることです。

スラリオ

これを毎日の通勤通学、買い物である時に10分程度やっていくと、自然とウエストが縮んできます。
なかなか10分間、ということがイメージつきにくいかもしれません。

例えば、階段を歩く時に、お腹を引っ込めるように力を入れて、姿勢を正して歩きます。これを毎日繰り返します。
私の場合、通勤時に駅の階段や、会社で1、2階程度の移動であれば階段を利用していますが、この階段を利用する場合にお腹を意識して歩きます。

なれてくると、普段の歩いている時にもお腹に力を入れて歩くことができるようになります。
1、2週間程度これを頑張ると、ウエストが2から3センチ程度縮み、ベルトの穴が1つから2つ程度小さくなりました。
スポーツクラブや、食事制限によるダイエットも良いですが、なかなか長続きしない場合には、ぜひこのダイエット方法を試してみてはいかがでしょうか。

私もスポーツクラブに入会し、会社からの帰宅時に通っていました。
しかし、仕事が忙しくなるとスポーツクラブからも足が遠のき、無駄なお金だけが飛ぶどころか、痩せることもできませんでした。
日頃の歩き方を意識するだけで、効果があります。